丸亀製麺はなぜNO1になれたのか?を読んでみた。

秋は読書の秋。普段から読書はするほうですが、この時期は本当に読書したくなります。
ネットで本を買うことができますが、やはり書店に行って、今の自分の問題意識を解決するための本を探したいものですね。
ネットでもレコメンドの技術を使って、お勧めの本を探してくれ提案してくれますが、あくまで購入履歴のビックデータなんですよね。
効率は悪いかもしれませんが、大型書店にいって、物色するのは大事だと思います。

さて、タイトルのような本を買ってみました。
実は、丸亀製麺は知っていましたが、一度も利用したことがありませんでした。
自分の中ではうどんは自宅でゆでられるから、外食するまではない。と思っていました。
でも、本を読んでからは、ぜひ利用してみたいと素直におもいましたよ。

やはり伸びてる会社の戦略というのはとても参考になります。
なかでも気になったのが、スタッフの自主性に重点を置いてる点でした。
ガチガチなマニュアルを用意するのではなく、スタッフに考えて動いてもらう工夫が書いてありました。
事業を進めていく上で仕事を円滑に進めていくにはとても関心する内容です。

本を買っても一度しか読まない本もたくさんありますが、『丸亀製麺はなぜNO1になれたのか?』はもう一度読もうと思っています。
たぶん、2回目に読んだら異なる内容に感じると思います。
そもそも、熟読するレベルでないと知識の吸収にはなりません。
良いと思う本は、5回は読みたいものですよね。
よく会社の社長は、バックの中に何冊か本を入れておくと聞きました。
時間の合間にパラパラ読むのはとても意識高い状態です。

全国展開している丸亀製麺の店舗へ足を運んでみました。
家族4人で満足できるか?試してみました。
店内に入ると、おじさんが面を製麺してました。
子供は興味深々で見ています。その先に、うどんを注文するおばちゃんがいます。
本に書いてあったとおり、若い人ではなく、うどんがおいしく感じる年配のスタッフが切り盛りしていました。
初めてだったので、そわそわしてると、おばちゃんがゆっくり選んでくださいね。と一言。
後ろの人もいるのにとても安心できることばでした。
それから、てんぷらコーナーへ行き、お会計です。
初めてでも、行列ができてるので、前の人の動きが確認できて感覚的にルールがわかりました。
お会計の後は座席についておいしくいただきました。

丸亀製麺の店舗やクーポン情報のまとめはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です